« 子供新聞レベルの朝日新聞社説 | トップページ | 真の少子化対策 »

2006年5月17日 (水)

韓国で拉致(拉北)家族の対面は感動的だけど…

横田滋氏が訪韓されて握手された写真が新聞に載っていますが、まことに素晴らしい、日韓+その他多数の拉致被害国は連携して北朝鮮に対抗すべき(こどもしんぶん並の論調ですいません)だし、日本政府もいつまでも経済制裁を「検討」していないでいい加減に「発動」すべきですね。

でも、韓国では「たかが5人や10人」のことで政府も会う意思が全くないそうで…ノムヒョン氏は困ったものです。ノムヒョン氏が大統領選で勝ったとき、これは困ったもんだ、と思ったけど、まさかここまで酷いとは当選したときに思いがよらなかったのは我ながら甘い見通しでした。ハンナラ党の活躍を祈るしかありません。

ついでながら、今日の朝日新聞社説は相変わらず。
『表題:拉致家族 共感の輪を広げたい
(一部省略)
しかし、北朝鮮への態度には隔たりも大きい。横田さんたちは制裁で圧力をかけるべきだと言い、韓国政府は融和的に臨んで解決していこうとの立場だ。
どちらか一方の方法だけで展望が開けるとは思えない。やはり、対話と圧力を組み合わせて解決を迫るのが現実的なアプローチではないか。
拉致問題だけを動かそうとしても難しい。北朝鮮の核問題や日米との国交正常化などを含めた包括的な戦略が必要だ。
それには日米韓の連携が欠かせない。そういう大事な時なのに、日本と韓国の政治関係は凍りついている。こんな関係にしてしまった両国の政治家の責任は極めて重い。』
拉致を解決すべき、ということは一応言っているけど、どの国も同じように批判するとか、北朝鮮への融和策を否定しないあたりは朝日らしい。どう考えたって、ノムヒョン氏が国際社会の原則を無視しまくって各国(除く中北)に呆れられているだけだし、北朝鮮への融和策なんぞ無意味なのは既にさんざん証明されているのに…

|

« 子供新聞レベルの朝日新聞社説 | トップページ | 真の少子化対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/10109003

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国で拉致(拉北)家族の対面は感動的だけど…:

« 子供新聞レベルの朝日新聞社説 | トップページ | 真の少子化対策 »