« 岩男氏の「反省」 | トップページ | 名人戦問題からわかった将棋連盟のあるべき姿 »

2006年5月12日 (金)

過激なジェンダーフリー書籍、福井県で撤去

再度産経新聞より。
『福井県が上野千鶴子教授の著書など、ジェンダー論や性教育に関する書籍約150冊を男女共同参画に対して不適切との指摘を受け、県生活学習館の書架から撤去していたことが分かった。撤去されたのは上野教授の「スカートの下の劇場」や福島瑞穂社民党党首の「結婚はバクチである」、蔦森樹琉球大講師の「男でもなく女でもなく」など。県の男女共同参画推進員が「家族の解体を目指すなど内容が過激」とするリストを作り撤去を要請。県が3月下旬、同館の事務室に150冊を移した。同館は男女共同参画と生涯学習のための施設で、関連書籍約4300冊がある。県は「内容を確認するため一時的に書架から移した。確認後早急に戻したい」としている。この問題で今大地晴海敦賀市議が西川知事に抗議文を提出…』


なんと真っ当な参画推進員がいたもの、と逆にちょっと驚きました。この方の勇気…蛮勇?…を称えます。きっとあまりのひどさにあきれかえったのでしょうね。男女共同参画」の推進の上でふさわしくないと推進委員が判断したのは真っ当なことです。

しばらくしたら朝日の社説あたりで「表現の自由に反する」「男女共同参画の意味が分かっていない」などという反論がありそうですし、ジェンダーフリー推進派やら「(プロ)市民」やらの連中からは既に猛然と反撃を始めているようですね。

しかし、この方は世間一般の庶民から見れば当たり前の行動、当たり前のことが行われたことに拍手を送ります。
まあ、県が本当に書架から撤去してしまったのはちょっとおどろき、「男女共同参画に反する本コーナー:家族破壊の本はこちら!」という看板でも作って分けて隅に置いておけばいいようなものですけどね。

ついでながら、抗議文を送った今大地という人はコテコテのジェンダーフリーおばさんみたいですね。他県県議会でのジェンダーフリーに反対する議員の発言にまで抗議文を送りつけています。自分の県に対して抗議文を送るのはまあまともな行為と思いますが、他県の県議会議員の発言に対して文句を言う暇があったらちゃんと市議会議員としての仕事をすべき…

ジェンダーフリー側の反撃をさがしていたらありました。

---------------
それから追記になりますが、この前の福井県の書籍撤去の件の何がまずいのかというと、様々な意見を発信したり、様々な意見に触れることが出来る、という民主主義社会の根幹を揺るがしてしまうからなんですね。福井県のセンターは男女共同参画に関する場所ですからそうした分野の知識や意見に触れることの出来る場所であってほしいし、ジェンダーフリーバッシング系の、書いてある根拠が思い違いとか嘘とかで成り立っているような本が一緒に置いてあってもいいわけです。一緒にその内容は実際にどうなのか検証できる資料も揃えてあると勉強になっていいですよね。書籍の撤去というのはそういう機会を地域に住む人たちから奪ってしまうという意味で全くひどい話なのです。
---------------
ということを書いていますね。「
様々な意見を発信したり、様々な意見に触れることが出来る、という民主主義社会の根幹…書籍の撤去というのはそういう機会を地域に住む人たちから奪ってしまう」という部分には賛成です。でも、この人たちが本当にこういう考えを持っているのでしょうか?だったら以前に千葉のどこぞの図書館でこの人たちが右翼扱いする人たちの本を司書が勝手に廃棄した時に言って欲しかった…今回自分らの本が撤去されてはじめて、あわててこういう風に言うことはよく覚えておきましょう。

それ以前の問題として、殆どの男女共同参画のハコモノは普通こういう連中で占拠されていますから、一般的に
「ジェンダーフリーバッシング系の、書いてある根拠が思い違いとか嘘とかで成り立っているような本」(どっちが嘘なんだか…)は置いてあるのでしょうか。知りませんが、なさそうですね。

この人たちが折角こう言ってくれているのですから、ぜひ男女共同参画のハコモノに
「ジェンダーフリーバッシング系の、書いてある根拠が思い違いとか嘘とかで成り立っているような本」を入れて貰うように全国の推進委員にお願いしましょう。きっと当然入れてくれる筈ですよね。まさか「今からそんな本を買うのは男女共同参画の推進にもならないし税金の無駄遣いだ」と反対したり、しれっと無視したりはしますまい。それとも、撤去するのと最初から置かないのは違うことだ、と仰せになるのでしょうかね?

|

« 岩男氏の「反省」 | トップページ | 名人戦問題からわかった将棋連盟のあるべき姿 »

コメント

産経の記事とは
http://www.sankei.co.jp/news/060511/sha080.htm
のことですか?

朝日は生活面で取り上げているので,あまり大きくしたくないのでしょう。

投稿: kisslegg | 2006年5月12日 (金) 23時57分

kissleggさん
ご指摘有り難うございます。
産経は見落としでした。大変失礼しました。
朝日は生活面でしたか。いつものように楽しい社説を期待していたのですが、残念です。

投稿: 練馬のんべ | 2006年5月13日 (土) 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/10031118

この記事へのトラックバック一覧です: 過激なジェンダーフリー書籍、福井県で撤去:

« 岩男氏の「反省」 | トップページ | 名人戦問題からわかった将棋連盟のあるべき姿 »