« 川崎の小学生殺害被害者に合掌 | トップページ | 英語必修化についてのパブリックコメント »

2006年4月 4日 (火)

女の子に「はしたない」を教えよう

先日、NHK朝ドラの「純情きらり」初回、祖父が子供の兄妹げんかを叱る場面で、妹に「はしたない」と叱っていました。

この「はしたない」という言葉、昭和の雰囲気を出すために使ったのでしょうが、いい言葉ですね。

残念ながら現代ではすっかり死語になっただけでなく、女性から「はしたない」の概念が消え去りつつあるように思えます。そして、究極のはしたない姿がジェンダーフリー。小学生の教科書など、はしたない記述の連発です。

でも、こんな素敵な言葉(概念)、死語にさせるのはまさにもったいない限りです。「はしたない」を復活させましょう。ジェンダーフリーなぞ、まさにこの一言で一蹴できます。

私も今まですっかり忘れていた言葉、NHKに教えられるとは情け無い限りで反省。でも、親として子供を女の子らしく育てるためには、今からでも遅くないと信じて、「はしたない」を教えます。

|

« 川崎の小学生殺害被害者に合掌 | トップページ | 英語必修化についてのパブリックコメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/9428668

この記事へのトラックバック一覧です: 女の子に「はしたない」を教えよう:

« 川崎の小学生殺害被害者に合掌 | トップページ | 英語必修化についてのパブリックコメント »