« 昭和レトロの社民党ばんざい(^^; | トップページ | トラックバック多謝 »

2006年2月18日 (土)

騎馬民族と農耕民族

藤原正彦氏の「国家の品格」が売れまくっているようで、まことに慶賀の至り。アングロサクソン方式の議論でやっつけた方が偉い、という考え方に対して真っ向から警鐘を鳴らしており、側隠(atokでは変換できなかった…失礼な話だ)の情を持った日本型を、と主張されています。まさに正論です。

著者について余談。藤原正彦氏はご存じの通り新田次郎氏・藤原てい氏ご夫妻の息子さん。藤原家には、いまでも新田次郎の表札がかかっています。藤原正彦氏は「若き数学者のアメリカ」「数学者の言葉では」を出版当時読んでいらい注目していますが、最近では正論新風賞を取るなどすっかり保守の論客ですね。氏の教育論、一に国語二に国語、三四がなくて五に算数というのにも断固賛成。

閑話休題。アングロサクソンの市場原理主義は、まさに騎馬民族の考え方。剣を携え馬で来る代わりに、理論を携え金に乗って来るだけの話。短期的には、お日様の恵みを大事に大事に作物を育てている農耕民族を襲えば、農耕民族はひとたまりもありません。しかし、騎馬民族が去った後は荒れ地が残るだけ。それを地球規模でやられては、地球全体が荒れ地になるだけです。騎馬民族とて結局は行き場を失って滅び去るだけ。現代の市場原理主義そのもの、という感じです。

以下、次回。

|

« 昭和レトロの社民党ばんざい(^^; | トップページ | トラックバック多謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/8715725

この記事へのトラックバック一覧です: 騎馬民族と農耕民族:

« 昭和レトロの社民党ばんざい(^^; | トップページ | トラックバック多謝 »