« 米軍爆撃演習場としての竹島(外務省コピペ) | トップページ | ココログの不具合、確認用です »

2006年1月 1日 (日)

国際司法裁判所への提訴(外務省コピペ)

国際司法裁判所は、紛争の両当事者が同裁判所において解決を求めるという合意があって初めて動き出すという仕組みになっています。したがって、仮に我が国が一方的に提訴を行ったとしても、韓国側がこれに応ずる義務はなく、韓国が自主的に応じない限り国際司法裁判所の管轄権は設定されないこととなります。
我が国は、1954(昭和29)年9月、口上書をもって竹島の領有権問題につき国際司法裁判所に提訴することを韓国側に提案しましたが、韓国はこれに応じませんでした。また、1962(昭和37)年3月の日韓外相会談の際にも、小坂善太郎外務大臣より崔徳新韓国外務部長官に対し、本件問題を国際司法裁判所に付託することを提案しましたが、韓国はこれを受け入れず、現在に至っています。

|

« 米軍爆撃演習場としての竹島(外務省コピペ) | トップページ | ココログの不具合、確認用です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/13985307

この記事へのトラックバック一覧です: 国際司法裁判所への提訴(外務省コピペ):

« 米軍爆撃演習場としての竹島(外務省コピペ) | トップページ | ココログの不具合、確認用です »